住宅ローン返済のテクニックについて

住宅ローンを長年組んでいると、まとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすると、元のローン残金を減らす事が出来ますので、返済金そのものを減らす事ができます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。
住宅ローン減税を申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。
住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
それは団体信用生命保険という名前の保険です。
団体信用生命保険という物は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。
これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。
マイホーム購入資金の調達として頼りになるのが住宅ローンだと思います。
申し込み法は手軽にでき自宅近くの銀行などでも受付可能ですしインターネットバンキングでも良いと思います。
さらに、不動産屋とつながっている銀行等に任せるやり方もあります。
申し込みの後の審査に通り、支払をスタートした場合10年に渡って控除を受けられます。
こちらは年末調整では受付できませんのでローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。

シュミレーションで住宅ローンの繰上げ返済を調べる