勤続年数が短い人はカードローン審査が通らない?

キャッシングをするにあたって、申込書には勤続年数を記入する必要があります。
この勤続年数によっても審査には影響が出てきます。
勤続年数があまりにも短い場合にはカードローン審査が通らないこともあるのです。
だからと言って申込書に嘘を書いてはいけませんよ。
貸金業者によってどれくらいの勤続年数があれば良いのか基準は異なりますが、基本的には会社員の方ですと同じ会社に1年以上勤続していれば問題は無いでしょう。
最低でも半年以上は勤めている必要があります。
もし入社して間もないというのであれば、ある程度勤めてからカードローンの申し込みをした方が審査に落ちる心配は少なくなります。
継続して安定した収入がある、という判断をしてもらう必要があるからです。
カードローン主婦審査通る?パートでも借入れ可能?【審査基準を調査】